shiroの韓国在住日記

慶尚北道に在住の日本人です。フリーランスの韓日翻訳家として活動しています。

プロジェクト管理に便利な"JANDI"

こんにちは。

 

私は以前、韓国の会社に務めていたのですが、そこではある商品をデザイン・製作し、日本へ輸出していました。
従業員数が10人にも満たない小さな会社でしたが、デザインチーム、製作チーム、顧客対応・翻訳チームが密にコミュニケーションを取り合う必要がありました。

そのとき使っていたアプリケーションが、現在翻訳の仕事をする上でも役に立っているので、みなさんにも紹介したいと思います。

私が使用してるのはJANDI(ジャンディ)というアプリケーションです。
韓国語の잔디(芝生という意味)に由来しているようです。^^

 

JANDIとは?


JANDIは単なるビジネスチャットツールではなく、各営業所・外出先・在宅中など様々な場所で活躍している仲間が、同じ場所で一緒に仕事しているかのように思わせてくれる、従業員のエンゲージメント向上を実現させるクラウドコミュニケーションツールです。

 

f:id:shironim:20200314130635p:plain

JANDIでできること

 

シンプルで分かりやすいデザイン

ボードビュー(トピック)、メンバーとのチャット、ファイルの確認、やることリスト、メンバー一覧が一目で確認できるシンプルなデザインです。

トピックの作成およびフォルダ整理も簡単です。

 

どこにいてもチャットができる

 

どこにいてもメンバーと連絡をとることができます。

 

ファイルの共有が簡単

 

トピック内からはもちろん、別ページのファイル一覧からもファイルを確認、ダウンロードできます。

 

やることリストでタスク管理ができる

個人のタスク管理、チームのタスク管理も可能です。

 

 

外部ツールとの連携

 

Googleカレンダーなどの外部ツールとの連携が可能です。

 

実際にどんな使い方をしていたか


私たちは、プロジェクト(取引先)別にトピック(ボードビュー)を作り、デザインファイルをアップロード、顧客との会話内容の記録、新商品についてチャットでの意見を交換、ミーティング内容の共有などなど…すべての業務過程をJANDIに残していました。

そうすることで、自分以外のチームの仕事も目に見えるし、自分の仕事についても同じように理解してもらうことができました。

また、一連の業務の流れが見えやすいため、問題が発生したときにも解決策をより早く発見することができました。

特に他のメンバーは全員韓国人だったため、何か疑問があればすぐにJANDIへあげて確認するよう、徹底していました。

 

翻訳管理や本のレビュー管理にも

 

そんなJANDIですが、私は最近自分の翻訳管理や読んだ本の内容を整理するのに使っています!
これがとても便利!!

文書ファイルなどの翻訳は、他の翻訳ツールを使っているので、翻訳をしながらツールで単語を管理したり、ミスを防ぎやすいのですが漫画翻訳はエクセルやフォトショップを使って翻訳していくのであとから管理がしづらいのが課題でした…

 

実際にどうやって活用しているかというと、翻訳物(漫画の話数)ごとにトピックを作り、つまづいた韓国語の意味はもちろん、資料などをあげていきます。
漫画の話数が多くなればなるほど、「このセリフ以前も出てきたな…」と探すのも大変になるのでそういったものをメモするのにも便利ですし、分からなかった部分をスクショしておけば、スキマ時間を利用して調べ、あとからコメントで意味を追加することができます。

 

あとは取引先からフィードバックをもらったらその内容を記入したり、とにかく作品に関することをどんどんあげていって管理しています。


f:id:shironim:20200314123023j:image


f:id:shironim:20200314123037j:image

それからやることリストで自分の今週のノルマ(納品する案件)を設定し使用しています。

 

本の内容を整理については、文字通りなのですが、本ごとにトピックを作り、気になったフレーズをメモしたり、写真に撮ってあげておくとあとから見返しやすいです。

これは、前の会社の社長がしていたのを真似しました(笑)

トピックの公開・非公開設定も簡単にできるので、社長はお気に入りの本があると、内容をまとめて私たち社員にも共有してくれていました♪

 

さいごに

世界的に新型コロナが流行していて、在宅勤務やテレワークを導入している企業も多い中、こういったツールを使っている企業も増えているようですね。

また、仕事のやりとりで個人のSNSを使いたくない…という方もJANDIを使用すればストレスなくチャットでのやりとりが可能です。

(ただ、韓国ではいまだに?仕事のやりとりでもカカオトークを使う率が圧倒的に高いです…日本でもやはり最近はLINEを使うのが主流なのでしょうか??)

 

韓国語以外にも、日本語や英語など5か国語に対応しているそうです。

https://www.jandi.com/landing/jp