shiroの韓国在住日記

慶尚北道に在住の日本人です。フリーランスの韓日翻訳家として活動しています。

マンガ翻訳の翻訳料について

こんにちは、フリーランス翻訳者のshiro(@shironimkorea)です。

 

今日は私がしている漫画(ウェブトゥーン)翻訳のお金の部分、翻訳料について、紹介したいと思います。

 

フリーランスの翻訳者を目指している方の中で、「お金の部分」について知りたいと思っている方は多いと思います。私自身もそうでした。

実務翻訳や映像翻訳の場合は、一般的な単価などの情報がありますが、特に漫画翻訳については情報がほとんどありません…

以前、Twitterで翻訳料について質問をいただいたことがあったので、他にも気になっている方の参考になればと思い、この記事を書いています。

また、今後自分自身が新たな翻訳会社に登録する際や、あとでこの記事を読み返した時にも役に立てばいいなぁと思っています。

 

漫画翻訳については、以前こちらの記事で、仕事の進め方などについて詳しく説明をしているのでよろしければ併せてご覧ください。

www.shironimkorea.work

 

経歴紹介

 

まず私の漫画翻訳に関する経歴を紹介すると…

  • 現在3社に登録中(うち仕事をもらっているのは2社で、うち一社は日本にある会社です。)
  • 漫画翻訳をはじめて1年7ヶ月
  • 現在担当している作品は6つ
  • 学園モノが得意

 

単価はいくら?

 

まず最初に言ってしまうと、翻訳料は実力や経験、ジャンルや分量によって変動します。(これは他の分野の翻訳もそうですよね…!)

実務翻訳は1文字あたりの料金×文字数で翻訳料が決まりますが、漫画翻訳は1話単位で翻訳料が決まります。(私の登録している会社の場合)

今まで担当していた作品も含めて単価は約23,000ウォン~約48,000ウォンです。

どうでしょうか?みなさんの予想よりも多いでしょうか、少ないでしょうか?

 

ジャンルによっても料金の差が顕著に出るなと思っているのですが、私の経験で言うと

 

学園>ファンタジー>恋愛≠日常

 

といった感じです。


学園モノは、特に俗語が多く、悪口や略語のオンパレードなのでそういった部分も含めて翻訳料が高く設定してある印象です。

また学校という舞台柄、日本との文化の違いをローカライズするため、調べ物などにもかなりの時間を要すので、そういった配慮もあるかもしれません。

 

(最近は、BLなどのジャンルがすごく需要があるそうなのですが、私はまだ経験がなく翻訳料についてはよくわかりません…。翻訳料について、私はこうだよ!という方、情報を公開してもいいよという方がいらっしゃいましたら教えてください♪)

 

1番最初に登録した、メインで取引している翻訳会社は、新作をもらうたびに単価が上がっているので、やはり経験や経歴も大事だと思います。

 

作業にかかる時間

 

早いものは1次翻訳から最終チェックをして納品をするまで30分くらいで終わります。

かと思えば、トータルで3~4時間かかる作品も。
読者の方は数分で読み切れる漫画ですが、翻訳をするとかなり時間がかかります…。

 

作業にかかる時間は、経験を積みながら慣れてきて短縮した部分も大きいですが、色々なツールをいかに効率よく使うかを常にテーマに、色々と試行錯誤しています。

 

 

納品ペース

 

一作品につき、毎週2~3話ペースで納品しています。

 

マンガ翻訳のメリット

 

スケジュールが組みやすい

 

基本的に納品ペースが安定しているので、スケジュールが組みやすいと思います。

それからメインで取引している会社は割と融通を利かせてくれるため、スケジュールに余裕があるときには自ら新作を担当させてもらえるようにお願いすることも。

 

長期で仕事がもらえる

 

納品ペースや原作の話数にもよりますが、今担当している作品は100話を超えるものが多く、基本的に完結するまで同じ翻訳者が翻訳をするため長期で仕事が途切れないのも漫画翻訳のメリットではないでしょうか。

 

マンガを読みながら仕事ができる

 

文字通りですが(笑)、私はもともとマンガも好きですし、韓国のウェブトゥーンが好きなので、一読者として楽しみながら翻訳作業をしています。
マンガが好きな方にはとってもオススメです。

 

発展途上の分野なので、仕事が多い

 

韓国のウェブトゥーン市場はとても大きく、日本でも韓国のウェブトゥーンの需要が高まっています。

最近、色々な会社の求人を見かけるようになったので漫画翻訳の重要は増えている&これから増えていくのではないかなと思っています。

 

デメリット

 

データが来ないなどのトラブルもあり

先程スケジュールが比較的安定していると言ったばかりなのですが(笑)、韓国と日本でほぼ同時に連載される作品は韓国語のファイルがギリギリまで届かずにスケジュールが崩れることが結構あります…
なので暇な週に、できるだけ先まで作業をするようにしています。

 


いかがでしたでしょうか?

 

あくまで在宅フリーランスの私の場合の話なので、こんな人もいるのだな〜と思っていただければ幸いです。

マンガ翻訳は私のような一次翻訳の他にも、最終チェックをするチェッカーや、会社に通勤し時給制(月給)で翻訳作業をされる方など、働き方も様々なので色々調べてみてください♪

何かご質問があればお気軽に聞いてください。

 

その他、翻訳の仕事についての記事はこちらからどうぞ。

www.shironimkorea.work

 

www.shironimkorea.work